弁護士などの専門家が返還請求のサポートをしてくれる

スーツの人

最新記事一覧

未経験の方でも目指せる

電卓

未経験からでも経理の仕事を目指したいという方もいますが、そのような方はまずは薄記の資格を取ることも大切です。また企業での経理の仕事もIT化しているので、ITに関する知識があると就職する際に有利な要素となります。

読んでみよう

会社を解散する

女性

会社を解散する際には、法律の定めにしたがって会社清算手続きをとる必要があります。解散登記を済ませただけで会社の法人格が消滅するわけではありません。会社清算手続きが全て完了するまでの間は、清算法人として存続することになっています。

読んでみよう

相続対策を行う方法

男の人

近年、相続税制が改正され基礎控除額が大幅に見直されたことなどにより以前にもまして早めの遺産相続対策が重要となってきています。名古屋で相続税対策でお悩みであれば、相続税対策の経験が豊富な税理士に相談してみるのがよいといえます。

読んでみよう

払い過ぎた利息を取り戻す

弁護士

多重債務者の負担減少理由

複数の消費者金融等から借り入れを行なう多重債務者の数は、かつては100万人を超えると言われていました。消費者金融等の貸金業者は銀行系大手、中堅から非合法な業者(いわゆる闇金業者)までおり、正確な債務者数を算出することは困難です。しかし、算出可能な範囲で見ると、多重債務者数は近年、減少の傾向にあります。その理由の1つは、平成22年の法改正にあります。貸金業者からの借り入れた場合、元本の返済の他に金利がかかります。この金利は法律を遵守する前提において、貸金業者が設定します。ここで問題になるのが、金利を定める法律には利息制限法と出資法の2種類が存在すると言うことです。例えば、利息制限法が定める上限金利は年利20%です。一方、出資法の上限金利は29.2%でした。貸金業者は出資法の上限を超えない範囲で利息を請求すれば、罰則を受けずに済みました。しかし、平成22年に出資法が法改正され、上限金利が20%に引き下げられて、利息制限法と統一されました。支払いが済んでいる利息のうち、上限金利を超える部分を過払い金と言います。この時、上限金利は利息制限法を基準に考えます。

確実な返還請求手続き

平成22年には貸金業法も改正されて、過払い金については、10年前に遡って借主からの返還請求に応じることが義務付けられました。例えば、元本が10万円未満の場合、法改正前に25%の利率で利息を支払っていれば、上限金利の20%を超える5%は過払い金になるため、返還請求を行なうことができます。つまり、借主の負担が軽減されたことになります。過払い金の返還請求は、借主本人が貸金業者に行なうことも可能ですが、弁護士等の専門家に委託することもできます。貸金業者が開示請求に応えない場合や、時効の問題や追加融資等、契約が複雑な場合もあるためであり、弁護士に委託した方が確実と言えます。なお、弁護士等に委託した場合の成功報酬ですが、返還された過払い金の15%から20%程度が相場で、万一、返還されなかった場合には一切の費用を受け取らない弁護士等もいます。